ネットで「該当なし」の場合には調査しかない。2017/04/21

  • 現代社会は、PCやスマホで、簡単に調べものが出来る大変、便利な
    時代になったものです。
  • 著名、有名な団体や個人、事件、ニュースから、フェイスブック等の
    SNSで個人情報を晒している一般の人も散見されます。
  • でも検索しても「該当なし」の場合、それでも何かを知りたければ、
    白紙の状態から「調査」するしか手立てがありません。
  • 例えば、自分のパートナーが浮気・不倫をしている疑いがある場合、
    ネットで検索して何か出て来るでしょうか?答えは当然「No」です。
  • ネット化がいくら進んでも、見えないものは、永遠に見えないし、
    男女の関係や恣意的に知られたくない情報は、絶対にネット検索しても
    ヒットしません。当たり前のことですが、このような状況があるから
    こそ「探偵」「調査」という仕事・ニーズがあります。
  • 然し、調査でも困難な領域があり、①過去の異性関係の把握、②金の流れの
    把握が先ず思い浮かびます。①はまず不可能です。
  • 今ある真実、現在進行形の異性関係、素行を調査するしか事実は掴めない
    のは当然ですが、「現実を知る勇気」と「事実を知る目的」を明確にして
    おかないと、例え、調査が成功しても、有益な情報になり得ない可能性が
    ありますので、調査を依頼する場合には、「覚悟力」が必要であると
    考えます。
大阪の探偵会社Dspec
ネットで「該当なし」の場合には調査しかない。2017/04/21
大阪|神戸|京都での浮気調査・結婚調査など各種探偵調査はお任せください。
D・SPEC(ディー・スペック)〒531-0071 大阪市北区中津1-13-17-405 TEL:06-6940-7145 FAX:06-6940-7146
Copyright© 2017 大阪市神戸市京都市の探偵調査会社D・SPEC|浮気調査、結婚調査等を低料金で実施 All Rights Reserved.
Top