大阪市北区の企業から受件した採用・リクルート調査事例 2017/3/8

  • 弊社は、採用関連調査の割合が3割近くのウエイトを占めています。
  • 中途採用時の新規雇用のリクルート調査は、選考基準のハードルを
    高めるために必ず、お役に立てる調査の一つだと確信しています。
  • 企業によって、二次、三次面接と慎重に人材を選考されているケースも
    ありますが、限られた時間内で、一個人の社会に出てからの生き様を
    把握するのには無理があると思います。
  • 応募者は、是非、採用されたいので、都合の悪いことを言いたらがない
    傾向があります。いくら人事のエキスパートであっても、その網目を
    巧にかいくぐる狡猾な応募者が存在します。
  • 履歴書に申告された経歴の確認は基本事項で、中には経歴詐称を調査で
    究明しただけで満足してしまう調査員が多いものです。
  • 然し、経歴詐称というものがない人材で、例えば、過去の職歴が2社ほど
    あった応募者がいた場合、高学歴な最終学歴を持っていても何故、過去の
    職場を退職したのか?個人情報保護の観点から「ノーコメント」の企業が
    着実に増加していますが、本人の所属していた部署さえ分かれば、仮に
    本社人事が会社の方針で「ノーコメント」であっても、所属部署に直接
    コンタクトを図ってみる。午前中にコンタクトをした段階で、女性社員が
    応対して本社人事同様に「会社の方針で一切、お応え出来ません」という
    回答があった場合、過半はその時点で、諦めてしまう調査員が多いと思い
    ます。然し、時間帯を変えて、敢えて18:30や19:00にコンタクトを再度、
    取った場合、午前中の女性社員ではなく、上司と思しき男性社員が応答
    することがあります。
  • 全ての場合に当てはまることではありませんが、千載一遇のチャンスが
    到来することもあります。この機会に上手にヒアリングすれば、色々と
    有益な情報を入手できるケースがあります。
  • この事例は、理系の高学歴者で、社会に出て、研究開発の仕事に従事して
    いましたが、過去2社ともにウツ病で休職後に退職していました。
  • ツボにはまれば、素晴らしく有益な情報提供が可能なこともあり、逆に
    「スキルアップ」のための依願退職など何も問題のない場合もあります。
  • 有用な人材を確保するために「調査」というスクリーニングを導入する
    だけで、成長企業の一助になれば幸いだと心底、願っています。

同じカテゴリーの一覧最近15件

採用・リクルート調査

  • 大阪市北区の企業から受件した採用・リクルート調査事例 2017/3/8
大阪の探偵会社Dspec
大阪市北区の企業から受件した採用・リクルート調査事例 2017/3/8
大阪|神戸|京都での浮気調査・結婚調査など各種探偵調査はお任せください。
D・SPEC(ディー・スペック)〒531-0071 大阪市北区中津1-13-17-405 TEL:06-6940-7145 FAX:06-6940-7146
Copyright© 2017 大阪市神戸市京都市の探偵調査会社D・SPEC|浮気調査、結婚調査等を低料金で実施 All Rights Reserved.
Top