探偵業界のウソのような本当のウラ事情。

今から記載するのは、本当の話です。浮気、素行の行動監視調査の最中、

車両内で監視中に居眠りをする調査員が現実的に存在します。寝た人間は

たった5分寝ただけと言い訳し、その5分の間に対象者が動けば、どうなるのか?

外注業者に調査を丸投げすると、心配になって現場に視察に行くと、2名の調査員が

車の中で2名とも口を開けて寝ていたという話も時折、聞きます。車両内で長時間や

深夜にじっと監視していると、確かに睡魔に襲われることこもありますが、「寝る」と

いう行為は「職場放棄」であると共に「お客様への裏切り行為」です。起きている時は

例え優秀な探偵のつもりでも「寝る」という行為が「探偵失格」ですし、適正がないと

言わざるを得ません。実際に私もそのような人間を何度も見たことがありますが、違う

職業に転職すべきですね。この傾向は下請け、孫請けというようにお客様との距離が開く

ほど多いようです。それと、このような図式では、元請けに調査を失敗しているのに平然と

ウソをつく業者もあるそうで、私自身、知っているからこそ、基本は自分が現場に入らないと

気が済まないのです。監視の基本は、車中監視より「立り張り」というのが当たり前という

昭和の古い男ですが、ご縁があれば、宜しくお願いします。私は調査中には絶対に寝ません

し、失敗した場合、ウソでごまかしたりしません。

2015.5.11

 

 

 

大阪の探偵会社Dspec
探偵業界のウソのような本当のウラ事情。
大阪|神戸|京都での浮気調査・結婚調査など各種探偵調査はお任せください。
D・SPEC(ディー・スペック)〒531-0071 大阪市北区中津1-13-17-405 TEL:06-6940-7145 FAX:06-6940-7146
Copyright© 2017 大阪市神戸市京都市の探偵調査会社D・SPEC|浮気調査、結婚調査等を低料金で実施 All Rights Reserved.
Top